8年間利用してわかった成果を出すためのセールス利活用方法 Day1

8年間利用してわかった成果を出すためのセールス利活用方法 Day1


こんにちは、株式会社フライクの大瀧です。 本日から一週間、題目の通り、私が8年間も使い続けてわかった成果を出すためのセールスフォースの利用方法についてお話をしたいと思います。 Day1は「私の過去のお話」となります。 今後の予定は以下となっております。

  • Day1:大瀧の過去を伝える
  • Day2:Why Salesforce? 〜セールスフォースをなぜ使うのか〜
  • Day3:What Salesforce? 〜セールスフォースで何をしたか?〜
  • Day4:How Salesforce? 〜どうやってセールスフォースを使ってきたか 営業編〜
  • Day5:How Salesforce? 〜どうやってセールスフォースを使ってきたか 責任者〜
  • Day6:まとめ 〜結局、どうしたらいいの?〜

セールスフォースの基礎知識がついた富士通時代(2012年〜2015年)

今は営業をしておりますが、実はシステムエンジニアでした。
理工学系の大学院を出た私はシステムエンジニアとなりますが、当時(2010年)35歳SE定年説というのが流行り、このままではまずいなと思っていたところ、とある社内プレゼンで目が止まり富士通へ出向し営業支援×システムエンジニアという2つの領域でSalesforceを極めることになりました。
しかし、その当時セールスフォースを知っている人はごく僅か。
富士通のミッションとしては「自社製品を他社からセールスフォースでリプレースされるなら、自社で提案しよう」ということで、「富士通グループへの認知がミッション」でした。
富士通の営業に教えることがミッションだったため、セールスフォースの知識&資格、事例の把握だけが富士通時代で得た知識です。(基礎になっているので感謝しています)
はい、お察しの通り、ここではブログの読者様に有益な情報は提供できません。
切り上げます笑

営業の基盤を創ったシステムフォレスト時代(2015年〜2017年)

2015年に初めて転職をします! 富士通という上場企業&大企業⇒九州の聞いたこともない20名の会社(笑) 理由は唯一つ「セールスフォースビジネスを究める」ことと「営業×システムエンジニア」という異色の経歴を極めること。
セールスフォースだけではなく色々なITツールを使って提案をしていたのですがメインはセールスフォース。 はじめは本当に売れませんでした。
2015年10月に転職して、自分の営業力だけで売れたのは2016年2月だったような・・・。 ではどうやって売ったかというと、

  • 過去失注商談を掘り起こす
  • 九州の10億以上の企業に高級和紙・筆ペンレターを送り、フォローコールする
  • 2週間に1回セミナーをする

を徹底的に繰り返す。
そして、これの活動をセールスフォースで徹底管理
さらに上長に毎週1時間時間取ってもらって壁打ちしていました。 (詳細は明日以降のブログに記載します) その成果もあり、みなさんが知っている九州の有名企業にもセールスフォースを導入することができ、営業トップセールスの道を歩んでいっていると過信していました笑

知識×営業ロジックを最大限に活かすfreee時代(2017年〜2019年)

freeeの九州支社立ち上げとしてジョインした2017年8月。 その時点ではマネージャーでも九州支社長でもなく「1担当営業」でした。
福岡には当時の上司である九州支社長がいたのですが、戦略的に私は広島へ。 (このあたりは明日以降のブログで記載します) なぜ行ったかというと広島県における

  1. 無料課金ユーザが福岡の2年前の状況と同じ推移
  2. 有償課金ユーザはそんなに増えていない
  3. 会計事務所・税理士事務所が広島市内に7割を締めている
  4. 他社が全く攻めていない

という状況でした。
この1〜3をすべてセールスフォース内のデータからレポートでもってきて動いていました。
つまりセールスフォースを使って「過去のデータ」と「現状のデータ」を比較していたということです。
それを当時のレポートライン上のすべての役職者に数字を出してプレゼンしたら広島営業所を作ることになり、freee初の所長に就任しました!

クライアントのゴール伴走パートナーになるこれから(2020年〜)

過去の歴史を振り返り、「Salesforceを提案する」ことと「Salesforceを使ってビジネスをする」ことをやってきたことをご理解いただけたと思います。 これを実は副業で実施していたら軌道に乗りはじめ、面白くなり法人化したのが「3rdコンサルティング株式会社」です。そして現在は新たな志を元に「株式会社フライク」としてリブランディングを行っております。

ですので、弊社の事業は明日以降に記載するセールスフォースの利活用をクライアントに提供すると言っても過言ではないです。

最後に

今日のブログは「過去を振り返る」ことにフォーカスしていました。 明日以降は具体的にやってきたこと、「ノウハウ」に当たる部分を記載します。 最後になりますがこれだけは伝えさせてください。

セールスフォースはあくまでツールなので詳しいだけでは成功しません。 自分の成し遂げたいことから逆算し、Salesforceを戦略的に利用することが非常に重要です。 その利用方法にちょっとしたコツがあります。 ですので、明日以降はそのコツについてブログを書きたいと思います。 本ブログや直接話しを聞いてみたいなどございましたらご遠慮無くお問い合わせください。

では、今日もゴール達成のためのシステム組立家として一人でも多くのお客様のためになれますように。

▼「60分無料相談」

︎無料相談はコチラ

▼「お問い合わせ」

お問い合わせはこちら