【失敗しないITシステム導入講座】6年間boxを使い続けるたった4つの理由(特徴・メリット・デメリット)【福岡】

【失敗しないITシステム導入講座】6年間boxを使い続けるたった4つの理由(特徴・メリット・デメリット)【福岡】

こんにちは、福岡から【地方×IT】を伝播している株式会社フライクの大瀧です。
私がこよなく愛するクラウドサービスの一つ、それがクラウドファイルサービスの「box」です。 勿論メリット・デメリットはありますが、私が使い続ける4つの理由をお伝えしたいと思います。
↓動画でチェックも可能です↓

boxを使い続ける4つの理由

機能を一つ一つご紹介するのは公式ページさんにお願いするとして、私は「6年間boxを使い続ける4つの理由」について記載いたします。

boxを使い続ける理由①:容量無制限

なんと言ってもコレ!! これ以上でもこれ以下でもない「無制限」

boxを使い続ける理由②:「3つのフォルダ」×「7つの権限」設定

Boxには3種類のフォルダ種類があります。

  1. 個人フォルダ
  2. コラボレーションフォルダ(社内フォルダ)
  3. 外部コラボレーションフォルダ(外部向けフォルダ)

引用:Boxヘルプページ”フォルダのアイコンと色についてより そして権限設定は7種類。

引用:7段階のアクセス権限設定,https://www.lrm.jp/box/useful/setting/access_setting/

つまり、3種類のフォルダ×7種類の権限設定の組み合わせということです。 シンプルでわかりやすいですよね。

boxを使い続ける理由③:他社無料利用可能

Boxは大きく分けて4つのライセンス種類があります。

引用:Box料金ページより,https://www.box.com/ja-jp/pricing   自社内だけで使うときや外部とのファイルの共有をするときは「Starter」「Business」で十分です。
しかし、フォルダを共有して1-2で説明した7つの権限をフル活用して作業効率化をしたいという場合には追加のライセンスを発行して・・・ という考え方だとなかなか作業・業務効率化は図れません。
そんなときに外部ユーザの無料招待ができる「BusinessPlus」「Enterprise」が有効です。
弊社では既に14名の方に弊社環境内のフォルダを共有しているのですが、14ライセンスの追加課金は行われておりません。
BusinessPlusを使っているので外部ユーザの利用料は無料です。
弊社の環境のため、容量無制限ですので、ファイルの容量を意識することなくコラボレーションをすることができます。

boxを使い続ける理由④:APIで他システム連携

API連携で他システムと連携することができます。
例えば弊社で利用しているSalesforce。 顧客情報:Salesforce、クライアント向け提案資料:Boxと複数ツールに管理していると【検索】の時間がかかってしまいますが、 APIを利用してSalesforceの画面上でboxの資料を閲覧することができるんです!
↓動画での解説↓

比較検討について

他クラウドサービスは色々あると思います。

  • DropBox
  • OneDrive
  • Google Drive

などなど、機能比較すると時間が取られます!!
まずは騙されたかと思ってBoxを使ってみてください。
iPhoneのように洗練されたUI、説明書がなくても使えるサービス、そして使えば使うほど細かい設定ができるという・・・ なんて素敵なサービスです。
大事なことだからもう一度 「まずは騙されたかと思って使ってみてください!!!」

注意事項

ココまでの説明で使ってみたい!!
という方いらっしゃるのではないでしょうか?
HP経由でBoxを申し込んだ場合、アメリカのBoxとの契約になり、英語での契約・英語でのサポートになります。
英語堪能ですということであれば、全く問題なしですが日本語契約・日本語サポートご契約希望の際は弊社までご相談ください。

最後に

弊社は【トップセールスマン育成】×【戦略的システム導入】で成果を出す組織を創ることを専門とするコンサルタントです。
システム導入を失敗した苦い経験がある、システム導入を成功に導きたい方は是非弊社にお声がけください。

ここでは言えない某人材会社大手や某大手税理士法人でも実績がありますのでぜひ下記お問い合わせよりご連絡をください。

▼「60分無料相談」

︎無料相談はコチラ

▼「お問い合わせ」

お問い合わせはこちら