中小企業が求める「パートナー」×システム組立屋の参謀役とは

中小企業が求める「パートナー」×システム組立屋の参謀役とは

こんにちは、地方×ITを伝播する株式会社フライク・システム組立屋の大瀧です。
突然ですが、株式会社フライクは

  • Salesforce(セールスフォース)に強い
  • box、freee、SansanといったITツールを使いこなしている

といったイメージを持たれてる方が多いかと思います。
しかしながら、弊社が最も得意としているのは「コンサルティング事業」です。
今回は、そのコンサルティング事業のトピックスである

についてお話をしていきたいと思います。

孤独を感じたことがない理由:絶対的価値パートナー

「経営者は孤独。」 どこかで聞いたことある言葉ではないでしょうか?
私自身2019年11月に独立をして人生で初めて1企業の経営者を担っています。
ですが、現時点で孤独を感じたことはほぼありません。
なぜかというと、 私の周りには経営を支えてくれるパートナーと思える「ヒト」が複数いらっしゃいます。
株式会社フライクという会社を経営するのは私一人ではありますが、
第三者の目線で厳しくも後方支援してくれる絶対的価値なパートナーがいます。
具体的には税理士・会計士さん、メンター(コーチングの役割)、 そして事業にコミットメントしてくれている外部パートナーです。
その人達を私は「経営パートナー」と呼んでいます。
では、協力会社や業務委託とどう違うのか?
言い方は悪いですが、協力会社や業務委託は基本「受動的」です。
作業を依頼するとその作業内容をきちんとこなしてくれる。
10言えば10で返してくれるメンバーです。 そういったメンバーも非常に重要で企業にとっては欠かせない存在です。
しかし、経営者がパートナーとして求めたい存在は、受動的ではなく能動的な活動・言動であったり、 経営者が持っていない知識・ノウハウを企業・経営者にとって
飲み込みやすい粒度とタイミングで助言をしてくれる方だと思います。

つまり経営パートナーは、 自分一人では到達できない、到達するのに時間がかかるであろう高みに最短で引き上げてくれるパートナーだと私は考えます。

株式会社フライクが提供する経営パートナーという参謀役とは

弊社、株式会社フライクでは、 中小企業や経営者に「経営パートナー」「参謀役」という役割を担わせていただいております。
「参謀役」というと抽象的な聞こえ方になってしまうかもしれませんが、 企業に
「システム戦略」というITの武器の磨き方を伝授し、
事業スピードを倍加させる役割を担っています。

それが「システム組立屋」です。

システム会社との違いとは?

通常「システム戦略」という言葉をあまり耳にすることはないので、
みなさんはシステム組立屋=システム会社を想像するのではないのでしょうか?
システム会社も企業にとって非常に重要な役割ではありますが、 ここではシステム会社と、
私の言う「システム組立屋」の違いをビジネスモデルの観点でお話をしていきたいと思います。

システム会社のビジネスモデル

私がこれまで経験したシステム会社のお話になりますが、 多くのシステム会社のビジネスモデルは以下のようなビジネスモデルです。

お客さまからこういう課題があるから解決したい

システム構築の提案⇒受注

システム納品

保守サポート

ここでお伝えしたいのは2つ。

  1. お客さまからの課題を伝えていただける関係性
  2. システムを構築する費用と保守費用の売上が収益源

しかしながら、自社の課題に照らし合わせてシステムで構築すべき業務領域を伝えることができるのは 大企業や中堅企業だと思っています。
理由は「社内に情報システム部が専任でいるから」です。
地方企業の中小企業に多い課題は

  • システムを導入したいけどどこから手を付けたらいいかがわからない
  • システムを導入したあと、使いこなせるかわからない

この2点が特に挙がるのではないかと思います。
こういった企業に対して「システム組立屋」が必要です。

株式会社フライク(システム組立屋)のビジネスモデル

お客さまが不安に感じている業務領域の前後をヒヤリング

解決したい理由とあるべき姿を検討

システム検討範囲と優先順位を決定

システム導入・保守サポート

半年〜1年限定で会社の参謀役として課題を解決するための伴走支援

システムの保守サポートは「受け身」のサポートであり必要なサービスですが、 中小企業にとって必要な要素は2つ。
①システムの使いこなし方
②当初の課題を解決し、そのちょっと先まで伴走してくれるパートナー

つまりシステムを使いこなすための戦略家=システム組立屋、企業にとっての参謀役なのです。

株式会社フライクが提供している4つのコンサルティングサービスとは

弊社には4つのコンサルティングメニューがあります。

「コンサルティング」サービスと一口に言えど、 自社で解決出来ない悩みは多岐に渡るのでこのように細分化しております。
システム会社も「システムデザインコンサルティング」という試みを行なっている企業もあるようですが、弊社ではこのコンサルティングサービスのみは実施しておりません。
なぜならこのサービスだけでは、顕在化している課題だけに注力しがちだからです。
「現在」の課題だけのITシステム導入の場合

  • 今のやり方のままシステム導入をする:絆創膏
  • 色々なITツールを研究してシステム導入をする:処方薬
  • 会社のあるべき姿から逆算してシステム導入をする:漢方薬

といった内容です。
例えば、肩が凝っているという症状が出た場合、
1.肩をもんでもらう ⇒一時的に解消されるがすぐに肩がこる
2.毎日湿布を貼る ⇒湿布をはらなければ、すぐにまた肩がこる
3.猫背・姿勢矯正など体質改善をする ⇒根本原因から治す といったようなイメージです。

つまり、弊社のコンサルティングサービスは 1社1社にあった「漢方薬」を出すためのコンサルティングサービスということです。
❷「業務改善コンサルティング」と❸「システムデザインコンサルティング」はいわば処方薬。
上記に加え、❶「戦略コンサルティング」は漢方薬です。
では、❹「事業成長コンサルティング」はどういう位置づけかについてご説明をします。
たとえば、ダイエットをする際、「筋トレ」「ランニング」「食事制限」を一人で続けるのは難しいでしょう。
そのため、パーソナルトレーナーが必要とされています。 企業成長にとって必要なパーソナルトレーナーが弊社の
「事業成長コンサルティング」です。 このサービスは半年〜1年間のみのサービスで、企業の取り組みたいことに対して伴走支援をしております。

弊社は、成し遂げたい課題に対して、

  • 定点観測をしていく
  • 随時軌道修正をしていく

という、圧倒的な当事者意識持ち、経営者に寄り添っていくサービスです。
この4つのコンサルティングサービスを通して企業の成長を支える「参謀役」を実現しています。

弊社が目指す世界は、 「成長している企業の裏に株式会社フライク、あり!」

です。 このような想いから弊社株式会社フライクは、

「描いた未来、一直線」

というタグラインを掲げております。

最後に

いかがでしたでしょうか?
弊社は中小企業向けに最適な漢方薬を処方するために会社・企業のことを深く深くヒヤリングさせていただいております。
ITツールを導入するだけではなく、本質的な課題に向き合い企業のフェーズを少しでも早くあげるための参謀役です。
このブログを見ていただいている企業経営者の方で、 自分たちの力ではスピード感がでない、
第三者の専門家に背中を押してもらいスピードをあげていきたい! という経営者の方がいらっしゃいましたら、
ぜひ下記よりお問合せをいただけらと存じます。

▼「60分無料相談」

︎無料相談はコチラ

▼「お問い合わせ」

お問い合わせはこちら