セールス領域におけるSalesforceの徹底利活用〜活動履歴編〜

セールス領域におけるSalesforceの徹底利活用〜活動履歴編〜

システム組立ちゃんねるを運営している、株式会社フライクの大瀧です。

「Salesforceを導入しているけど、活動をうまく活用しきれていない」と感じていませんか。

Salesforceの活動履歴について詳しく解説します。

▶︎お問い合わせはコチラ

Salesforceの活動とは?

Salesforceの活動には次の項目が含まれます。

  • ToDo
  • 行動
  • カレンダー

取引先、キャンペーン、取引先責任者、リード、商談などのオブジェクトで活動を追跡することができます。

Salesforce標準機能「活動履歴」

セールスフォースを使っているユーザーであれば利用できる「活動」機能についてご説明します。

「活動」機能は、ToDoリスト・活動予定・活動履歴と三変化できますが、ここではわかりやすくお伝えするため「活動履歴」と名称を統一してお話していきます。

なお、フライクのToDoリストは「Asana」で管理しているため、セールスフォースではToDoリストとしては利用しておりません。

フライクでの活動履歴の使い方

まず、フライクで活動履歴単体として利用する状況は、打合せ終了後の議事録を活動履歴に貼り付ける場合のみです。

議事録の記載自体はBoxで行っているのですが、セールスフォースで打合せをしたという履歴を残すために、セールスフォースの活動履歴に簡単な履歴を残しております。

しかし、セールスフォースで入力する活動履歴は情報が浅いため、手動で入力した活動履歴をきっかけにBoxNoteを見て詳細を確認しています。

Salesforce「活動履歴」×GoogleWorkspace「Gmail」連携

そして、セールスフォースの活動履歴に紐付けたい内容として「メール」があげられます。

フライクのメール管理は、GoogleWorkspaceのGmailを使っております。

実際の画像で説明いたします。

まず、Gmailを開いて通常通り「宛先」「件名」「本文」を入力します。

すると、下記画面が出ます。

これは「株式会社フライクに紐付けますか?」というサジェストですので「ログ」をクリックし、紐付けを行います。

そうしますと、先ほどのメールが自動的に紐付け完了されています。

GoogleWorkspaceについて詳細を知りたい方は、こちらも合わせてご確認ください。

まとめ:活動管理を使いこなそう

本記事では、フライクでの活動履歴の使い方を解説しました。

Salesforceの標準機能で記録することも可能ですが、Gmailと連携するとより便利に活用することができます。

活動管理をもっと効率的に行いたい、Salesforceの開発をやって欲しいとお考えでしたら、フライクにお問い合わせください。

▶︎お問い合わせはコチラ

また、SalesforceやBox、freeeといった他のITツールについても知りたい!という方は
「システムスタータープログラム」の特設ページも併せてご覧ください。
必ず皆さまのお役に立てるコンテンツが見つかります。

SSP 特設ページはこちら

他にもSalesforceを活用した事例をご紹介。

セールス領域におけるSalesforceの徹底利活用〜リード編〜
セールス領域におけるSalesforceの徹底利活用〜取引先編〜
セールス領域におけるSalesforceの徹底利活用〜商談編〜
セールス領域におけるSalesforceの徹底利活用〜見積編〜
セールス領域におけるSalesforceの徹底利活用〜契約管理編〜

株式会社フライク 代表取締役 大瀧 龍

自己紹介
大瀧 龍 株式会社フライク 代表取締役

福岡県福岡市出身。富士通グループ会社のシステムエンジニアや営業支援などを経て、2017年にfreee株式会社に参画。九州支社長と広島営業所長を兼任し、2019年には西日本の責任者としてマザーズ上場に貢献する。同年2019年に「3rdコンサルティング株式会社」を創業。システムを活用した中小企業の経営課題解決やIT化、DX化支援に取り組む。システムエンジニアや営業として現場で培った経験を生かして、フロントオフィスとバックオフィスの両方をカバーし、システム設計・開発から運用提供まで一括して提案できるコンサルティングを追求。

2021年11月に社名を「株式会社フライク」に変更し、新たなスタートを切る。IT普及を目指すコミュニティ「ふくおかクラウドCafe」や、Youtube「システム組み立てちゃんねる」なども運営し、地方企業のIT化推進に日々努めている。